治療回数&期間

・慢性症状は治療を行なった後、何もせずに放置しておくと平均3〜4日で元に戻ってしまいます。

・逆に言えば、初期の頃でもエクササイズをキッチリと行うことで4〜5日は施術効果や体の反応を良い状態でキープする事ができます。

・論文でも3から4日間経った状態で少しでも効果が続いていれば施術効果が出ているとされます。

【ですので、症状の重い方でも多くて1週間に2回が目安だと思います】

💡単身赴任や里帰り、冬季期間の間だけという方や試合までの期日が短いという方は初診時にご相談下さい)

✳︎お困りの症状(こり、張りや痛み、痺れ)などの状態の有無に関わらず、セルフケアの獲得【各種ストレッチや筋力トレーニングなど】やコンディショニングを大至急行わせて頂きます。

・慢性化されてしまった症状の場合は怪我の回復過程事情が全く異なります

・毎日施術を行ったり、ストレッチや筋トレ、長時間の施術を沢山行えば早く改善するという訳ではありません。

✳︎勿論、ご本人の可能な範囲で習得したストレッチや筋力トレーニングはしっかり行って頂きます。

来院当初は慢性症状の早期安定化(症状の軽減)を目的として来院して下さい。

・その後、症状の軽減や消失に伴い、再発しないための体づくりを一緒に行いましょう。

→この後の領域がメンテナンスとなり、一定のタイミングで通院をしながら再発予防をして行きましょう。

◉体を快適な環境に導くために重要な事は【施術+セルフケア】のバランスです。

◯その他に睡眠や栄養なども整えられたらベストです。

◯毎日10秒でも1個でも良いので、体に良い事を取り入れましょう。

改善状況に適したエクササイズを来院時に提供いたします。

理想としては決められた状況に合わせて毎日、行って頂く方が良いですが、毎日出来なくても大丈夫です。

健康意識の向上とともに習慣化していく事が大切です。

目次

どのくらい通院すれば良いのか?

【慢性症状】どの組織を回復・改善させるかにより期間は大幅に変わります。

・症状の有無(痛みや痺れ、こり感や張り感などが無くなったなど)に関わらずおおよその目安は

・下記の図(治癒の経過)の推移に合わせて来院して頂くことが理想です。

◉施術内容や施術頻度、来院時の状態や不調と感じる箇所数によりますが下記の頻度がおすすめです。

◯ 1ヶ月目…1週間に1回の来院が必要です。

◯ 2ヶ月目…10日に1回の来院が必要です。

◯ 3ヶ月目…2週間に1回の来院が必要です。

・慢性症状における通院のペースは、大半の方が筋肉系が問題になっています。

・最初の1ヶ月は週1回の来院が必要です。

・順調に改善していけば、2ヶ月目で10日に1回に出来たら理想的です

【1〜2ヶ月目は痛みも取れてきた&動きも良くなってきているので再発が1番多い時期です】

✳︎ここが1番の頑張り所かつ、注意する期間です。

💡ここで妥協せずに乗り切りましょう!!!

・そして、3ヶ月目で2週間に1回まで伸ばしていければ再発の確率も低くなり症状が安定している状態と断定できます。

・途中経過も安定し問題なく改善していけば、この時点で快適な状態にたどり着いています。

・スタートの時点で【関節系神経症状】のトラブルがある場合は、このペースより遅れる傾向があります。

・初診時におおよその期間が推測されるので、焦らずにストレッチや筋トレなどのエクササイズを行いましょう。

・少しでも改善のチャンスを増やすのなら来院頻度の維持が必要になります。

【1週間に2回を目標】or【3ヶ月間は週1回を維持】することで、筋肉系の問題と並行して改善傾向が見られやすくなります。

・ここまで出来る様であれば、早期から(関節・神経)症状の改善傾向が如実に現れやすくなります。

・まずはこのペースを理想の来院頻度として計画的な来院が出来る様に時間を作って下さい。

○来院できる日程の確保など、ご協力お願いいたします。

✳︎上記の過程はあくまでも個人差があり改善状況は異なります(ご了承ください)

また、当院への要望・期待の高い方は下記の来院ペースで来院されてます。

3ヶ月間…1週間に2回以上の来院が必要です。

3ヶ月以降…1週間に1回のペースを維持して下さい。

上記の施術ペースは早期からハイパフォーマンスを提供出来ます。

【生活環境(仕事や家事育児、スポーツ、試合etc)により来院できる回数や期間が決まっている方にオススメ】

*早い段階で好調をキープしたい方や3ヶ月以降も常に快適な環境を手にしたい方は、来院回数を多めにして頂くことで高いレベルの状態を維持できます。

【急な痛み・お怪我;寝違えやぎっくり腰など】

・痛みのある患部は組織損傷を伴っていますので、細胞修復の治癒過程に合わせた来院計画が必須となります。(その際の固定;コルセットやテーピング、包帯、オリジナルの固定具作成やギプス固定の管理を伴います。)

炎症期は(3〜5日)がピークですので、しっかりとした処置・管理を行いましょう。

・固定をしていても外してしまえば痛みが出ますし、適正な処置を施したとしても痛みが大きく変わらない場合もあります。(無理な動作や炎症が強ければ更に痛みは増強します)

・ですが、この期間でしっかりとした処置をしないと慢性的な症状を作るきっかけとなってしまします。

・適切な施術や固定行い、この期間で損傷部位の状況を少しでも良くしてあげる事が大切です。

最初の1週間は2日に1回のペースで治療をする事が理想です。

修復期は細胞もどんどん集まり強固になっていきます。

・切り傷で言うとかさぶたを作っている状態です。

・痛みは軽減してきていますが、その状態で無理をすると再び損傷してしまいます。

💡ここで焦らずに施術や固定を見直しながら、まだ固定を継続するのか、運動を開始して行く方向に進めるのかを定めて行きます。

◉骨や靭帯であれば固定を軽くしていくものの、まだ何かしらの固定は必要になります。

◯筋肉であれば損傷程度によりますが、ストレッチをかけ始める期間になって行きます。

組織損傷後は、どの組織に修復していかなければならないのかを細胞に教育させなくてはなりません。骨や靭帯であれば強度を出すために、しっかりとした固定を一定期間は続けなければいけません。ただし、固定期間中も出来る運動などは適宜行い、血流促進などで回復の速度を高めておかなければなりません。✳︎固定により関節周囲は硬くなってしまうので、固定除去後のリハビリはしっかり行いましょう。筋肉であれば、初期は安静が必要ですが、途中からはストレッチや筋力トレーニングを順次開始して元の正常活動にいち早く戻る仕組みを構築していかなければなりません。

・ですので、8日〜2週間の期間では3〜4日に1回のペースで施術を行いましょう。

・この期間が再発しない為&その後にきちんと治癒ができる状況になるかを決める期間となります。

・ここで施術タイミングや管理を間違えると慢性化(後遺症)になる確率が上がってしまいます。

治癒期は硬くかさぶたになっていた物が元に戻っていくための期間です。

・この過程でリハビリをしっかり行えば問題なく正常化します。

・特にスポーツ活動などで痛めた方は、この期間でしっかりとリハビリに取り組みましょう。

・100%に戻すだけでなく、120%まで機能をあげきり、負傷前のパフォーマンスより、もっともっと良い状態まで改善させましょう。

・この3〜4週目では少なくとも週1回は施術を加える事が理想です。

論文にて身体状況の変化(抜粋)

①体の変化として週2、3回の施術を行うことにより、2週間で痛みの軽減が見られるとされています。

②その後の継続した治療により、痛みの軽減や可動域の拡大が3日間保たれていれば治療効果として安定している証拠となります。

③1、2ヶ月で左右差の解消筋力テストの変化が出ます。

④3、4ヶ月で個人差(男女・仕事・年齢・運動歴)はありますが、姿勢の変化が見られます。

背骨の変化が見られる。(可動域が出てきたり、椎間板の挟まりやヘルニアが解消されたりなど)

症状別ページへ

編集者(Editor)

院長:川俣 瑞紀(カワマタ ミズキ)生年月日:1990年1月12日
柔道整復師/機能訓練指導員(国家資格)
健康科学士(学士)
NASM–PES(米国家資格)
深化リメディアルセラピー(豪国資格)
(主な所属団体) 
日本疼痛学会(主催:医師)日本骨軟組織学会(主催:柔道整復師)身体機能ケア柔道整復研究会(主催:帝京平成大学)桜友会(主催:学習院大学)

コメント:大学で学んだ基礎医学を基に数多くの臨床経験を重ね合わせ、患者さん一人ひとりにあった施術方針を組み立てたいと思います。
また、慢性症状の改善には普段のコンディショニングは勿論ですが、運動療法が必須と言われています。簡単なストレッチから筋力トレーニングまで細かくアドバイスしていきたいと思います。

当院のご紹介

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4D7C5DAC-C2BD-4279-ACBA-0AEBA95E2E6F-768x1024.jpeg
診療時間
8:00〜 
12:00
14:00〜 
18:30
×××

*水曜日は前日までに要予約/土曜日は予約状況により12時過ぎもあり

午前の最終受付は11時ごろ/午後の最終受付は18時ごろ(完全予約制のため予約状況により異なります)

定休日:水曜・土曜(午後)不定休:日曜・祝日

院名:ふくふく接骨院・整骨院 住所:〒013-0102 秋田県横手市平鹿町醍醐字醍醐84−3

最寄:◆JR:醍醐駅・十文字駅・下湯沢駅

最寄:◆バス:梨木上丁バス停から1.2km:梨木公園前バス停から1.7km:醍醐上丁バス停から530m

十文字ICを降りてすぐの信号を左折。横手方面へ国道13線沿いに車で2分。醍醐郵便局のすぐ近くにございます。フクロウの看板が目印です!!【駐車場は院の隣に4台&向かいの砂利駐車場に2台ございます】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次