関節AKA治療とは

関節運動に基づいた治療です。

よく聞くマッサージの強押しではなく、最小限の力で本来の関節の動きを促進させる治療法です。

最小限の力しか使わないのでもみ返しもほとんどでず体に優しい治療なります。

本来の関節の動きができるようになるためスポーツや日常生活でのパフォーマンスの向上が期待されます。

麹町白石接骨院の白石洋介先生(医学博士・柔道整復師)推奨の治療法です。

目次

白石洋介先生

東京の麹町白石接骨院にて医学博士・柔道整復師として院長をされております。

著名人やドクターからも頼りにされており、骨折も元に戻してしまうという凄技の先生です。

主に研究で側湾症について研究されておりシュロスセラピー【シュロス運動療法】を日本で広めておられます。

側湾症でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

▼主な経歴

■柔道整復師免許 
■柔道整復専科教員資格 
■名古屋大学医学系研究科 医学博士 

【学歴】
中部柔整専門学校卒業
名古屋大学大学院医学系研究科博士課程

【医療機関】
特定医療法人 米田病院 (愛知県)
竹本整形外科 (愛知県)
こうの整形外科 (愛知県)
米田医院 (愛知県)
哲心会白石接骨院 (愛知県)
四谷左門町医院(東京都)

【教育・研究機関】
帝京平成大学大学院健康科学研究科柔道整復学専攻(修士課程)教授
日本伝統医療科学大学院大学教授
浜松大学健康プロデュース学部柔道整復学科教授
米田柔整専門学校非常勤講師
日本工学院八王子医療専門学校解剖学非常勤講師

【基礎医学研究機関】
名古屋大学大学院医学研究科機能形態学講座機能組織学分野客員研究者

【主な研究テーマ】
臨床
-顎関節症
-脊柱側彎と運動療法
-子どもの外傷(骨折,脱臼,打撲,捻挫)の保存療法
基礎
-細胞外基質の機能に関する組織学的研究
-骨折・靭帯損傷の治癒過程におけるαSMA陽性細胞の発現と機能に関する組織学的研究

目次